アメリカ側とカナダ側の相違が著しい件

5日遅れの内容で、毎日18時に更新中です!
リアルタイムは”カナダ・トロント”を旅してます(*’ェ`*)

 

 

***************************************************

 

 

「クイーン」や「エリザベス」の名前がつく通りは大抵ちょっと栄えてますね。
30kgの荷物を背負い、1.5km歩いてカナダVIA鉄道駅にきたのに、遅延で2時間ヒマになったみくです(´∀`;)

 

・・・ヒマなのに気が抜けない環境はどうしたらいいのかしら(・ˍ・)

 

・・・ブログを書こう。

 

・・・というわけで、今日の出来事をまとめます!

 

 

***************************************************

 

 

バックパッカーなのに、朝から優雅でした。

 

「朝6時、太陽の光を浴びながら目が覚め、1時間ベッドの中でぬくぬく瞑想。
 身支度を整え、夕食のターキーサンドをキッチンで準備。
 朝食には焼きたてのパンケーキとシナモン風味のコーヒーをいただき、
 テラスのロッキングチェアーに揺られながら、日本のPさんとFaceTime(テレビ電話)。
 紅茶を飲みながら、ブログを書いたり本を読んだりし、11時頃ナイアガラの滝へ...!」

 

ちょっと、優雅じゃないですか(*-∀-*)!?
日本でも毎日こういう朝にしたいんですけどー!!(適度な運動とシャワー、季節のフルーツがあれば最高)

 

 

 

ま、そんなわけで、昼ちょい前にナイアガラの滝へ再度赴いた訳です。
今日の目的はただ一つ、アメリカからカナダへ歩いて国境を越えること!!

 

ナイアガラの滝にはレインボーブリッジという橋が架かっていて、車や徒歩でアメリカ⇔カナダを行き来できます。
一応、国境を越える訳なので入国審査がありますが、パスポート見せて質問に答えるだけ。
荷物検査はないし、超簡単。
少なくともアメリカ→カナダは、1ドルの費用もかかりませんでした。

 

昨日と同じく、写真で振り返ってみます〜↓

IMG_8144

↑ アメリカ側の橋付近にはミニ自由の女神像が!NYよりも近くで撮影可。笑

 

IMG_8148

↑ カナダへ入国!まずはこのゲートを通るだけ。スーパーの方がハイセキュリティ。

 

IMG_8152

↑ カナダ側からのレインボーブリッジ!

 

IMG_8153

↑ 昨日は至近で見た、アメリカ滝

 

IMG_8154

↑ やっぱりなんかもうよくわかんないくらい壮大っす

 

私はですが、カナダ側から滝を見た方が全景が見れて好きです。
近くで水しぶきをかぶりながらイエーイってやりたい人は、アメリカ側からどうぞ!

 

 

 

で、ここからがタイトルにある「相違」についてね。

 

 

アメリカ側のナイアガラの町は、一部のホテル地区以外、全体的にはおとなしく田舎な感じ
わかる人にはわかると思うけど・・・千葉の千倉くらい。笑

 

カナダ側のナイアガラの町は、なんかもうすごいテンション高くてヤバい!!
ホテルやカジノはもちろん、観覧者やお化け屋敷、映画館などなど、アトラクションだらけ!
町(街)が遊園地みたいです。クレイジー!!
池袋のサンシャイン通りのお店が全部、アトラクションのお店になった感じ?
宿で知り合ったフランス人は「まるでラスベガスだ」と言っていました。

IMG_8117

↑ アメリカサイド。

 

IMG_8166

↑ カナダサイド。笑

 

ナイアガラという自然の観光地にどれだけお金をかけてるか、一目瞭然ですねー。
私は断然アメリカ派ですけど・・・両方見るのも面白いかもです!
ちなみに、日本人は橋を往復すれば1日で両サイドから楽しめますが、
宿で出会ったインド人は「カナダはビザが必要なので行けない」と言っていました。

 

 

 

まーでも、特にお化け屋敷にもギネスハウスにも入りたかった訳でもないので。
ヒマを持て余して・・・まさかのナイアガラ(観光地)でカトラリーDIY♡
他人の目も気にせず、久々のジャムスプーン作りで楽しんでいました・・・ら。

IMG_8165

↑ がーーーーーーーーーーーーーーん(||゚Д゚)!!

 

細くしすぎて柄が...折れてしまった...
このあとカナダのVIA鉄道に乗れるからテンション高かったのに・・・
普通にショック…orz

 

どうリペアしようか悩んでます(´・ェ・`)
良いアイディア絶賛募集中です(´・ェ・`)

 

 

 

【カナダ・ナイアガラ情報 2014/6/15】

天気:快晴!
気温:25℃以上
服装:シャツ+ジーンズ
+α:明日からが1週間、勝負だったりします。気合い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です