ウルルツアー  <day3:ウルル編>

今日はMikuTabi【ウルル特集】の3日目、ラストです!

 

 

 

<day3:ウルル編>

私が参加した、3日間のアウトバックツアー(キャンプ)がメインです↓↓

 

 

夕飯が美味しすぎて食べ過ぎ、ほぼ寝込むに近い形で夜を過ごしました。
が、朝はサンライズwithウルルを見るために早起き!

前の日は19時頃にサンセット、この日は6時半頃にサンライズでした。
すばらしかったです!

IMG_7603 IMG_7605 IMG_7607

↑ 徐々に明けていく感じ、伝わるかな?

IMG_7610

↑ 日の出ってなんか元気が出る♡

 

 

ちなみに、ベストスポットはバス専用と自家用車専用で場所が違うらしく、
もしかしたら太陽の見え方も違うのかもしれません!
いずれにしても広大な土地なので、人がたくさんいても確実によく見えます(*-∀-*)

 

 

サンライズ観賞後、今度はウルルの麓まで移動してBase Walk
ウルルの周りをぐるっと一周、約2時間かけて歩きます。

IMG_7661

↑ ウルルの参考資料

 

 

 

 

給水ポイントは2カ所あるので水の心配はしなくても平気ですが、
気をつけたいことが2つあります。

 

(1)写真撮影不可のポイントがある

ウルルを遠くから撮るぶんには問題ないですが、近く(麓)で撮る際、
場所によっては写真撮影が出来ません。
文化的”繊細な場所”と書いてありました。
看板もあるし、地図にわかりやすく「ココはダメ」と書いてあるので、迷わないはず。
郷に入っては郷に従え、ルールは守りましょう!

 

(2)ウルルには登れない時がある

ウルルはアボリジニの聖地なので、登るポイントが決まっています。
さらに明らかな晴れでもウルル山頂は天候が異なるため、登ることが出来ないときがあります。
これもわかりやすく、しかも日本語で「今日はダメ」と書いてあるので、迷わないはず!

また、登山と言っても階段や道がある訳ではなく、ツルツルした地面に手すりがあるだけです。
登るのに3時間かかると言っていたかな…
詳細はわかりませんが、暑さ+登りにくさでかなりの体力を使うと思われます!
それでも登って見たい人はぜひ、登ってください!(もうすぐ閉鎖の噂もあるしね)
そして是非、感想を教えてください♡

IMG_7619

↑ 「今日はOK」の看板。

IMG_7618

↑ よく見ると、銀色の手すりを伝って登山している人がいます!

 

 

 

一通りウルルを楽しんだ後はキャメルファーム(Camel Farm)へ!
キャメルことラクダがたくさんいる他に、カンガルーやディンゴ、エミューなどなど、
オーストラリアの動物たちに会えます!(入場無料、コアラちゃんはいない)
また、ここではラクダ乗り体験($7)もできます!
楽しそうだけど、怠惰なラクダでした。笑

IMG_7625

↑ なんかもう顔つきが怠惰でかわいいよね

 

 

 

そしてそのまま帰途に着き……17時頃に宿まで戻ってきました。
この後も19時からウルルツアーお疲れパーティーがあると言ってましたが、
私は幸運な用事(詳しくはコチラ)があったので、不参加です。

 

・・・加えて、正直英語に疲れちゃいました(´∀`;)てへ

 

あ、でも、ものすごくウルルツアーは楽しめましたよ!
ツアーの楽しさや充実さ、快適さはガイドさんによるかもだけど、
ピップは運転、現地ガイド、料理、差し入れ等を全てパーフェクトにこなし、本当に楽しく過ごせました。
ありがとう、ピップ!

IMG_7623

↑ ガイドのピップ(21)と、顔の大きさは明らかに遠近法ではないデスネ

 

 

また、ツアーだからこそ友達が出来たし、色々な部分で楽だったし、自然を楽しめたと思います。
私は3日間でちょうど良かったですが、1〜10日間くらいの幅があるので色々と探してみてください!

 

 

 

最後に…ウルル周辺のマップと参考資料を!

IMG_7659

↑ 適当すぎでしょと思ってましたが、本当にこんな道でした(ほぼ一本道で迷いようがない)

IMG_7660

↑ ウルルとかカタジュタとか(自然公園入り口でもらえるマップ)

IMG_7658

↑ 上記の裏面。自然公園の入場可能時間など、参考まで!

 

 

 

3日間にわたるMikuTabi【ウルル特集】読んでくれてありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です