世界の車窓から vol.5

タイトル、vol.4となってますが、vol.1〜4の記事はないです

 

長距離列車の旅、というか、移動こそ旅の醍醐味だと思っているので、
計7回も寝台列車に乗ることになりました。
その5回目が昨日昼〜明日朝にかけてです。

 

 

見える風景の話でもしましょうか。

 

IMG_7379

↑ やっぱりなにもない。好きだけどね、こういうのも!

 

 

IMG_7380

↑ 今回のハイライト。また、うし。笑

 

 

 

草原6割、低木林1.5割、長木林1.5割、牧場0.7割、街0.3割。
動物に限れば、ヒツジ、ヒツジ、ヒツジ、ヒツジ、ウマ、ウマ、ウシ(、カンガルー)

 

いかがでしょう、割と予想通りでしょうか?
私は予想通りです。もちろん、いい意味で!

 

 

というか、「世界の車窓から」という番組はたぶんきっと本当にすごくて、
ある一瞬に突然やってくるベストシーンを狙って狙って撮ってるんだろうなぁと思うんです。

 

いやぁ、改めて価値のある番組だね。
みんな見た方がいいよ!

 

 

でもって、隣に座るイケイケのお兄さんは今日もイケイケです。
音楽ガンガン、よく歌ってます。
そして10時くらいに遅起きして、周りに「モーニン!」といい、なぜかトモダチがたくさんできてます。

憎めない人ってこういうこと言うんだなと勉強になります(´∀`)

 

 

寝台列車といえど普通の座席なので、オジイさんオバアさんは辛そうだし、
私も稼ぐオトナになったら絶対個室を取ろうと心に誓いましたが、
夜行バス常連の今の私からしたら、140度も倒れる座席は天国、快適です!

 

 

見える風景、隣に座る人、座席の上での48時間移動…

楽しくもあり、もっぱら暇でもあるので、いろんなこと考えちゃいますね。

 

 

あ、そうだ、全然関係ないけど、電子ブックで読んだ「ハウスワイフ2.0」について。

率直に、今の私が読んではいけなかった気がする。
で、現実のアメリカの主婦たちの生活・考え・行動に割と共感しつつも、
本の著者エミリー・マッチャーの最後の結論に激しく同感。

男女関係なく、経済的自立(の経験)は生きてく上で必要不可欠だと思うからね。

「自分は自分なんだ」と結局ブレない主婦の方だったら読んでもいいかも?

 

 

 

・・・おっと私いまニートだ、仕事しなきゃ(´∀`;)

そんなこんなで20時から4時間も寝れなかった長い1日が終わりました。ちゃんちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です