サハラ砂漠ツアー 2日目

モロッコのサハラ砂漠付近に来ています。
昨日の夜はホテル泊なのに、本当に寒かったー(´-ェ-`)

でも徐々に同じバスの人たち(アメリカ・ベルギー・ドイツ・フランス・イタリア・モロッコ等)と仲良くなれて、嬉しい感じ♪♪

 

サハラ砂漠ツアー2日目、レビューしてみまーす(o’∀’o)

 

 

***************************************************

 

 

7:00

朝ごはん。
いつものパンと、いつものコーヒー。
モロッコの朝ごはんは割とバラエティ少なめ(´∀`;)
でも好き。

 

 

8:00

ホテルを出発。
ツアーって普通、何時に出発ですよ〜っていうアナウンスがあると思うんだけど...
運転手さんの気が向いたら出発って感じでした。笑

IMG_4818

 

道中①

どこかの村の、誰かのお宅に案内される。
村の中では写真は撮っちゃダメとさんざん言われていたのに、そのお宅ではオッケー。
しかも全員にモロッコ名物ミントティーを振る舞うというサービス。
私は前情報があったので、「来た来た(´∀`;)」という感じでした。

・・・そう、絨毯の販売タイム!!

絨毯を作って売っているお宅に行き、部屋に通され、30分くらいの説明をして、観光客に売るという手法。
ちょっとでも買うような素振りを見せると攻撃がすごいので、買うつもりのない人は”われ関せず”の態度で行きましょう!
そうしたら、写真は撮り放題だし、絨毯を眺めているのも悪くないし、ミントティーくれるし、嫌な時間どころか素敵な時間を過ごせます♡
(私のこの日のハイライトはこの時間。笑)

ちなみにガイドさんもグルなので、助けてくれる人はいません♡
(実際、12人中3人が購入していました。)

IMG_4850 IMG_4853 IMG_4854 IMG_4857 IMG_4861 IMG_4878 IMG_4895

 

道中②

どこかの観光スポットを見学。
大自然の谷間の景観が美しいことで有名らしい!
うん、まぁすごいんだけどね。
私としては、チリとかペルーとか南米の山々を見て来てしまったので...
ちょっと「またか」って感じ(´∀`)笑
でも、自然って良いよね、うんうん。

IMG_4905 IMG_4907

 

16:00

メルズーガと思われる町に到着。
砂漠に近い、大きな町。
学校も商店も住宅もたくさんあるので、お水を買いたい人はココで!!
私たちはマラケシュ新市街のスーパーで水1.5Lを3.5DH(46円)で買いましたが...
メルズーガはどうでしょうね(´∀`;)
参考までに、11月中旬、母と2人で飲んだ水の量は、1.5L+0.6L+0.6Lでした。
あんまり暑くも寒くもなかったし、無風、乾燥もしていない良い気候だったので♪

IMG_4923 IMG_4926

 

17:00

砂漠の入り口に到着。
ここから1.5時間の移動、初ラクダーーーヾ(*´エ`*)ノ♪

乗る際、ラクダが急に立ち上がってしまって危うく落ちそうになる母。
それを見てめっちゃツボにはまるフランス人のおばちゃん。
うん、この瞬間も(人ごとだから)面白くてハイライトだったなー(´∀`)

でも本当に、現地スタッフのお兄さんに「ツカマッテロ!」と何度も言われるほど揺れまくるラクダ。
特に下り坂はラクダが滑るので、揺れる揺れる!!
写真を撮るのも一苦労!!!!

紐をつけてiPhoneを持って撮影しながら、お尻の痛さと戦いながら、夕日に照らされながら...
進んでも、進んでも、見えるのは砂。
なにもないけれど、その景色はとっても幻想的で素敵でした(*’-‘*)

IMG_4945 IMG_4968 IMG_4947 IMG_4974

 

18:30

今夜の宿、パオ(ゲル)に到着。
空は真っ暗だけど、電気があるし、ご飯はおいしいし、なかなか楽しい♡
おトイレは大自然の中で...こっそり。

IMG_4976

 

21:00

フリータイム&就寝。
母と共にたくさんの星が輝く空を見上げ、流れ星を探す。
目の片隅だけど、5つの流れ星を見れて感動!!
満足したので早々に床につきました(*´エ`*)
22時過ぎから、ベルベル人の音楽が聞こえて来たけど...私は夢の中(´∀`;)
でも、ぐっすり眠ることが出来ました。

 

 

***************************************************

 

 

というわけで、また明日☆

 

 

 

【モロッコ:サハラ砂漠周辺情報 2014/11/12】

天気:晴れ、無風
気温:20℃前後?
服装:パーカー+長いズボン+ヒートテック
+α:夜ごはんで一緒だったイスラエル出身の女の子たちと「宗教観」や「平和」について話したことも、印象的だったな。みんな平和を願っている、わけでもないみたい。難しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です