インレー湖の麓ニャウンシュエ

夜光バスに乗って移動することに決めたのが、昨日の夕方。
急いでバスチケットを手配したので、思うようなバスに乗れず...
めっちゃお尻が痛いバスでした(´-ェ-`)

 

貧乏バックパッカーのくせに、2+1列シートのVIP席に慣れてしまっている私。
2+2列シートとか、140度も倒れないシートとか、もう無理。

 

・・・ささやかな贅沢(´υ`)♡

 

 

 

***************************************************

 

 

 

さて、上記理由であまり眠れなかったバス移動でしたが、12時間ちょいだったので助かりました。
でも更なる問題があって...
自分がどこに着いたのか、あんまりよくわかっていなかったんです!

 

というのも、これまで思っていた以上にハイペースでミャンマー旅をしているため、事前に調べておいた情報以上のことができる時間が生まれまして・・・これは喜ばしいことなんだけどね。
ガイドブックを持っていないわ、Wifiヨワヨワで調べられないわで、人から聞いたこと以外なにも情報がなかったんです。
※いつもはコレでもか!ってくらい調べていきます。

 

 

とりあえず、ピンウーリンで出会ったご夫婦に「インレー湖は良いよ〜」と言われたので。
バス会社に「インレー湖行きたい」と言ったらどこかに着きました。
それが今朝。

 

そしてその後。
昨日のツアーで一緒だったジェームズに聞いた、オススメ宿の名前を言ってみました。
すると、ちゃんとしたバイクのお兄さんが100円で連れて行ってくれることに、ラッキー!

 

で、着いたのがお宿「SHWE PAUK PIN INN」
ものすごくのどかな風景が目の前にある、絶対穴場のいいお宿です。
シングル部屋が空いておらず、トリプルの部屋を使うことになりましたが、1泊15ドルの相場並み。
Wifiは無いに等しいものの、こんなに熱いシャワーを浴びたのは久しぶりってくらいお湯の出が素晴らしい!!

もう一度言います。
このお宿は絶対に穴場ですよ。

IMG_8388

↑ お宿の正面

 

IMG_8391

↑ 目の前の風景、素敵でしょ^^

 

IMG_8394

↑ 牛のご家族も行進しておられました

 

 

 

7時前なのに、受付対応をしてくれたり、値引きしてくれたり...
とってもアットホームなご主人から地図をもらいました。

 

どうやらここはニャウンシュエという場所らしい。
よくよく調べてみると、ニャウンシュエインレー湖観光の拠点となる町のようです。
確かに、宿やレストラン、欧米風カフェなどが、あちらこちらたくさんあります。

 

そして今後も観光業に力を入れるのか...
どこもかしこも、建設ラッシュです!!

IMG_8381 IMG_8383 IMG_8385

 

 

 

カフェでネット情報収集し、その後はお楽しみマーケットへ♡
どこの町にもある市場、ほんと楽しいし、いい暇つぶしになります。
ここは野菜もお土産も日用品も、割と豊富に揃っていました。
なによりも客引きが強引でないのがいいですね(´υ`)

IMG_8362

↑ わちゃわちゃ

 

IMG_8377

↑ お米屋さん、種類たくさん

 

IMG_8367

↑ これはタバコを巻く葉っぱ

 

IMG_8368

↑ こうなります(巻きタバコを作る露店もたくさん!)

 

IMG_8369

↑ なんかの歯で作った置物、怖い

 

IMG_8370

↑ これもなかなか、シュール!!

 

IMG_8375 IMG_8376

↑ 布の感じはグアテマラに似てます、繊細

 

 

しばらく歩いていたらお腹が減ったので、市場飯を見つけ出し、実食。
スープなし米麺と酸化したキムチ、70円です。
安定の安さ!!

IMG_8366

 

 

 

町の様子は相変わらず土っぽい感じ。
そして、ちょっとシャイな人多めです。
でも、「ミンラーバー(こんにちは)」と笑顔で言うと、みんな笑顔で返してくれます。
あったかい雰囲気の残る町です(´υ`)

 

IMG_8380 IMG_8379

IMG_8390

↑ そして変な看板も多い町、パンケーキ・キングダムって...!

 

 

ちなみに、変な看板シリーズで一番のツボは、HOME MADE FAMILY(手作り家族)です。
どういう意味なんだろ、写メればよかったなーww

 

 

 

【ミャンマー:ニャウンシュエ情報 2015/2/9】

天気:晴れ
気温:23℃くらい、日中でも暑くはない!
服装:ワンピース+ヒートテック
+α:市場にて、みかん6個50円と餅10個以上40円を購入。ほんと、安くて美味い。ほんと、困るわぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です