グッバイメルボルン、ハローアデレード

また一日中列車なので情報は書けませんが、メルボルンの朝、暖かかったです。
(長袖2枚着てるからね。)

 

 

という訳で、本日も移動な一日でした。
見える景色は、ヒツジ、ウシ、ウマ。時々悪天候。
「世界の車窓から」の番組が10時間続いてる感覚です。笑
そして、4泊5日滞在したメルボルンを離れ、またアデレードです。

 

シドニーとメルボルン…私は前者の方が好きですが、
メルボルンは住みたい都市No.1にも輝いたことのある都市なので、
交通、食べ物、観光などなど、困ることのない街でした。

また、泊まっていたところがオフィス街に近かったのですが、
18時には誰もデスクに座っていない…いい働き方だなぁと思いました。

日本からはちょっと遠いし、なによりもwifiが飛んでなくて私は不安になるのだけど、
メルボルン、いい街だよ!! ←説得力のなさ…(゚ロ゚)

 

次はあと30分で着くアデレードを楽しもうと思います。
宿がBBQナイトって言ってたんだけど、何なのかな…??

 

 

 

あ、あと、宿泊していたところについても書きます。

 

Pint on Punt0429_4

◎安い。女性4人ドミトリーで$22/日。
◎宿泊者専用メニューが$6で食べられる。お得!
◎フレンドリー、というか、自由
◎リネンはもちろん、バスタオルを貸してくれる
◎お湯が出る、脱衣スペースがあるシャワールームもある

△住めば都だけど、居心地は…どうかな

×きれいではない(虫はいなかったけど)
×夜中までうるさい(1階がパブなので)
×wifiが部屋では全然繋がらない
×シティ中心部から遠い

総合:★★★☆☆

 

可もなく不可もなく、な宿です。安いからね。0429_5
St Kildaジャンクションの近くにある、
同名のアイリッシュパブの2.3階にあって、
シティ中心部からは3,16,96番のトラムで約30分、
歩けば約1時間です。
トラムの値段($7/日)を考えると、
その分を宿泊代に回して、
シティ近くのYHAとかに泊まった方がきれいさは確保できるでしょう。

 

 

 

 

ここからは思い出話になるんだけどね。0429_6
宿について部屋に向かったら、部屋のドアがゴミ箱で押さえられてて開きっぱなし
嫌な予感するなぁと思って入ったら、私の荷物を置くスペースはありませんでした。笑
4人のうち2人は下のパブのギャル従業員(Annaと○○)で、長く住んでいる様子。
もう1人は旅人なんだけど、片付けられない系ギャル。

 

ああ〜汚ギャルの部屋か…と落ち込みました。笑

 

で、着いた日がAnzac day(祝日)だったこともあって、宿もにぎやかで…
早く寝ようと思って、その日は早く寝ました。
次の日、起きたら下のベッドに男の人が寝てました

 

ええええええーーーーーーー!!(゚ロ゚;ノ)ノ
私女性の部屋選んだはずなんだけど!!!

 

聞いてみたら、ギャル従業員の彼氏(Kris)らしい。
でも、着替えたいし、なんか嫌だし…部屋変えて!って頼んでみたら、
大丈夫、気にしないで!とのこと。

 

もっと交渉すれば良かったんだけど、
うまく説明できないし、関係が悪くなる方が居心地悪くなるだろうし…

 

自分、Noと言えない日本人でしたorz

 

そんな訳でその部屋に住み続けましたが、まぁ、慣れるもんだね!
Annaは優しいし、Krisも優しいし、片付けられない系ギャルはすぐに去ったし!
$6ごはんも美味しかったし、今ではいい思い出です。
何もなくてよかった!!!!笑

 

 

ある意味、これぞバッパーっていう宿なので、興味のある方、どうぞ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です