日本語学校のお別れパーティー

【お知らせとお願い】 ヘキカキカク2015 in NEPAL

 

4月1〜15日にネパールのカトマンズにて、旅する壁画プロジェクト:ヘキカキカク を開催します!
それに伴い、現在クラウドファンディングに挑戦中

ヘキカキカクってなに?ってことや、いろんな想いなどが書いてあるので、一度見てみてください↓↓(画像クリック!)

ヘキカキカクnepal2

 

※現地でのお手伝いも募集中です♡ → 色塗りボランティア募集

 

 

***************************************************

 

 

日本語学校の最終日。
旅の途中だし、驚くことも多かったし、不完全燃焼な部分も多いのですが、なんだかんだで20日間勤めました。
毎日のライフワークになっていたので、いざ辞めるとなるとちょっと寂しいですね。。

 

そんなわけで今日は「ミク先生お別れパーティー」を開催していただきました〜\(^o^)/

IMG_9383

↑ 朝学校に着いてみると、ボードにこんな文字が!

 

IMG_9386

↑ って、スペル間違っていたのでやり直し。笑

 

 

FARE WELL=素敵な生活を願ってという意味です、いい言葉。
そんな言葉の下に書いてあるのは学校名なのですが、この時初めて知りました(´υ`)

さらに「U」のところにある顔がなかなかシュールです。
これもネパールらしさってやつですかね。笑

 

にしても、ボードひとつにこんなに突っ込めるのは、生徒たちへの愛がたくさんあるからです。
離れるのがちょっと寂しいからなんですよー。

 

・・・っと感傷に浸っていたのに、どどどっと生徒たちが入場。
全生徒35人中、20人弱は時間通りに来れたみたいです。笑

 

 

バブ校長が話し終えた後、なんか話してというので、いきなりスピーチ。
簡単な言葉しか使えないし文法めちゃくちゃですが、英語でスピーチできるようになった自分に驚きです\(^o^)/
調子に乗って色々としゃべったので、感謝の言葉とともに、ネパールの唯一嫌いな点「ゴミが溢れていること」も伝えておきました。
学校とは関係ないけど、いつか日本に来たときを含め、ネパールでもポイ捨てして欲しくないのでね!!
外国人との触れ合いがほとんど無い生徒さんたちにとっては、外国人目線って重要です。

IMG_9384

↑ バブさんは23歳だけどちゃんと仕事するネパール人です

 

IMG_9404

↑ そしてなにやら、いろんなものをいただきました!

 

IMG_9397

↑ 賞状や盾、ノートブックや白いスカーフなどなど...

 

IMG_9391

↑ 地味に一番嬉しかったのは庭で摘んだお花のプーケ、いい香り♡

 

 

そんなわけでお返しに、歌を歌うことにしました。笑
旅でちょこちょこギターの練習をしていて、唯一弾けるようになったのが、高田渡の「生活の柄」。
グアテマラで相方アンディ(日本人アーティスト)に教えてもらっていたんです。
コード3つしかないし、簡単なのね〜♡

IMG_9403

↑ 下手だけど、日本語だからばれない笑

 

 

そのあともコップいっぱいのジュースで乾杯したり、ひたすら話しまくったり、ネパールの歌「Resham Firiri」や「Daalma」で盛り上がったり。
最後の時を楽しみました〜

IMG_9396 IMG_9394 IMG_9405

 

 

私としては、本当に不完全燃焼な部分がたくさんあって。
私自身の日本語知識、外国人に教える方法、英語で伝える方法など、勉強不足で申し訳なかったと反省しています。

 

でも、嬉しいことに、私が思う以上にみんなは満足してくれたみたいだし!
他の学校に比べると確実に優秀な生徒が育ったと胸を張って言えるし!
たった20日間だけでも、ネパールの若者の夢を叶える手伝いができて、嬉しく思います(´υ`)
機会をくれた作家のたまご・ばんりくん、本当にありがとう♡

 

・・・まー、ネパール人が自国内で働かない(仕事がない)のを助長しているだけかもしれないし、賛否両論はあると思うんですけどね。
でも、仕事がない、働けないってただ嘆いている若者より、世界のどこでもいいから勉強して働きたいと思う若者の方が断然マシです。

 

 

そして、日本はいまだ憧れの対象の国であることについて。
日本の若者として「先人の成した功績だし」と自信なさげに思う反面、これから先が暗いと言われている日本に、世界レベルの影響を与えたいなぁと思ってます。
夢や志はでっかく、そして実行あるのみ、ですね!!

 

 

 

【ネパール:チトワン情報 2015/3/26】

天気:はれ
気温:27℃あつい
服装:クルタ
+α:そしてひっそり、宣伝です。(また大きく宣伝するけどね!)

 

 

 

 

【ネパールで日本語の先生として働きませんか!?】

ネパールの自然豊かな地・チトワンにて、日本語の先生を随時募集しています。
期間は1ヶ月〜、毎日2〜3時間、ネパール人の若者に日本語を指導。
宿泊費無料(素敵ホームステイ)、気持ち程度のお給料あり。

興味のある方は、本ブログにメッセージください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です