好き嫌い問題

グエサウンビーチからヤンゴンまで、6,8,10時発のバスがあります。
価格は全て10,000チャット(1,000円)6時間移動。
中でも10時発はエアコン付きのスペシャルバスだとのこと!

 

もちろん10時発に乗り込みました(o^∇^o)

 

 

 

そして、良いことひとつ。
たまたま席で隣だったミャンマー人の女の子ジンジンと仲良くなったこと!
年も同じくらい、英語力も同じくらい。
オーストラリアに3ヶ月いたそうで、国外から自国を見る視点を持っている子。
お互い言葉が達者でないけど、民族紛争や各国政治について話せたのが面白かったです。

 

でもね、ジンジンに質問されて、気付かされたのですが...
「お寿司や天ぷらを食べる以外に、日本では何をしたらいい?」

 

彼女曰く、オーストラリア=青い空、雄大な自然、独特の動物(、ナイトライフ)だとか。
日本は?と言われ、和文化や社寺仏閣、桜や紅葉、温泉など思いつく限りを話しましたが、なんかうまくPRできない私。
たぶん、独特な文化がありすぎて、言いたいことが多すぎて、的を絞れていないんだろうなぁと思いました。

 

ま、それくらい日本って島国は誇るべきものが多いって話です(´υ`)
みなさん、外から見ると、日本ってすごいところいっぱいあるんですよ。
(ある分野に関しては先人の努力があったからこそ、と感じるけどね)

10983097_898406000209533_1497896037_o

↑ ジンジンと。楽しそうな写真だー!

 

 

 

話は戻って、10時のバスに乗って悪かったことひとつ。
ヤンゴンの宿に着いたのが20時過ぎだったこと...10時間昼行移動((´・ェ・`))
ジンジンが地元のタクシーと交渉してくれて、安く安全に帰れたんでよかったけどね。

 

ほんと、地元の子と友達になれてよかったです(*^・ェ・)ノ

IMG_8675

↑ 途中休憩でお昼ご飯、激辛魚小皿2,000チャット(200円)・・・高すぎない?

 

IMG_8676

↑ ミャンマー語で”可愛い”は“Chit Saya Loy”、ジンジンが教えてくれました

 

 

 

*************************************************************

 

 

 

以下、話が変わります。
旅とはあんまり関係ないので悪しからず!

 

 

・・・生姜とか海老とか、小さい頃は苦手でした。
でも今では、ジンジャーティーとかエビフライの尻尾とか、喜んで口にします。

 

これら嫌いなものが好きになったのは、大人になって自然と味覚が変わったのが理由でしょう。
が、ある時から意識的にトライしていたのも大きな理由だと思います。
自分で幅を狭めているような気がして、極力嫌いなものを減らしてました。
(濡れた絆創膏は今でも嫌いだけどね、うわああぞっとする)

 

 

 

*************************************************************

 

 

 

なんの話かと言うとね(´υ`)
今回ミャンマーでまさかのビーチに来たのも、嫌いを無くそう作戦の一環だったりしたわけです。

 

ビーチって響きはいいけど。
潮風で髪の毛ボロボロになるし、砂まみれになるし、暑いし、蚊多いし、日光疹でるし、全部がリゾート価格だし。
単独貧乏バックパッカーな私にはイイことないじゃんって感じでした。

 

それが身に染みたのが、メキシコのマスンテ
みんながみんなイイと言うので行ったけど、私は好きじゃなかった。
(1人で行ったっていうのも大きな原因だけどね)

 

でも、旅でビーチ=嫌な思い出にしたくなかったので、もう一回トライしたのが今回。
ミャンマーのグエサウンビーチ
みんながみんなイイと言っていたし、日本人カフェもあるので行きました。

 

結果。
前よりはちょっと好きになりました(´υ`)

 

海では泳ぎたくないので、どうやって暇をつぶそうか迷いましたが...
11ヶ月の旅で、ぼーっとしてることにも慣れたみたいです。笑
いい意味で、時間の使い方=ゆっくりするっていう行為がわかったんだと思います。

 

それに、1人ビーチ2回目にして。
リゾート(旅)でのお金の使い方や虫の対処の仕方など、”嫌なものをどうにかする力”が向上しました。
これは何度もトライしないとわからないことですよね(´υ`)

IMG_8649

↑ ぼけーっとするのは浪費ではないと思うこの頃。

 

 

なんでもかんでも”嫌なもの”を”好きなもの”に変える必要は全くないと思います。
全部”好き”だと他との差異がなくなって決定が鈍るし、限られた人生のうち全部を”好き”でいる時間なんてない。
何よりも、全部”好き”な八方美人はすごくつまらない。
(これは全部において「なんでもいいよ」っていう人の話と同じ。選択しない人はつまらないんだな。)

 

でも、ちょっとでも興味があって、なんだけど、今は苦手なものだったら(そして時間が許すのなら)、何度かトライするのもいいと思います。
生姜も、海老も、ビーチも、いろんな意味での視点の幅を広げてくれたことには変わりないので!

 

 

 

ちなみにやっぱりうまくかけていないこの記事。
誰のために書いているかって話ですが。
いつか”好き嫌い問題”で迷ったときの私のために書いてます(´υ`)

 

お付き合いいただき、ありがとうございました♡
 

 

 

 

【ミャンマー:グエサウン情報 2015/2/14】

天気:晴れ
気温:23℃(バスの中)
服装:タイパン
+α:今日はバレンタインデー。彼氏さんに描くイベントカードだけ、いつも微妙になってしまう。なぜだ。来年に期待。

2件のコメント

  1. あぁぁ、この記事、一緒にごはん食べに行っても「私はいいわ」って、好きなもの(わずか)しか食べない友人に見せてあげたい。かぼちゃんってほんとすてき!

    1. miyanoさん
      ぐああああ〜私の中で憧れの人上位にランクインしているmiyanoさんにそう言ってもらえると、嬉しくて嬉しくて嬉しくて...ありがとうございます♪ヽ(*´∀`)ノ
      あとちょっとトライすればいいのに、って思っちゃう人。たくさんいますよね。
      個人の自由だと言われちゃうとそうなんですが、私は内心短気なので「見てるこっちがもどかしいわ!」ってなっております。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です