ピンウーリンこと英国人の街

今朝もどたばた一悶着ありました。
ブログには書けないんだけど...親友ちゃんありがとう笑

 

ともかく。
朝8時マンダレー発の乗り合いトラックで、次の町に向かいます!

IMG_8089

 

 

 

***************************************************

 

 

 

目的地はミャンマー人にも人気な避暑地:ピンウーリン
19世紀の植民地時代にイギリス人がこぞって別荘を建てたという、気候のいい地です。
メイミョーとも呼ばれているのは、メイ=英国人、ミョー=町という言葉から。
乗り合いトラックでは「メイミョー」と連呼していたので、こちらの方が通称なのかもです。

 

2時間半の移動後、早速今日のお宿探し。
フロントの対応が良く、部屋も綺麗だったため、地球の歩き方に書いてあって「グレースホテルⅡ」にしました。
空きのあったダブルベット部屋、1泊10,000チャット(1,000円)
でも、探さなくても町中に安宿がある印象なので、急いで決めなくても大丈夫そうです。

 

荷物を置いたら早速、町をプラプラするよー!!

IMG_8093

↑ この町の目印は時計塔(クロックタワー)と市場(マーケット)

 

IMG_8136

↑ 道に迷ったら、この2箇所の名前を尋ねるといいですよ

 

 

まずは明日の移動のために、ピンウーリン駅を目指します。
時計塔から歩いて10分くらいです。
途中、賭博しているおじさんたちや、ヘルメットかぶってねの看板前でノーヘルのお兄さんたちを見ました。
・・・のんびりだなぁ(´υ`)

IMG_8098 IMG_8100

 

 

「明日の列車のチケットを買いにいく」
とフロントのお兄ちゃんに言ったところ、

「明日の8時半に行けば大丈夫!」
と言われました。

でも時刻表を見たところ、ピンウーリンからは8:22発の1日1本のみ。
逃すところだった!!
・・・ま、お兄ちゃんの中では8分の差は関係ないのかもね(´υ`)

IMG_8106

 

 

さて、お次はシャン市場を目指します。
町の中で2番目に大きい市場で、オバマジーンズミッ”ケ”ーマウスの上着が買えます笑
客引きをする気がないので、ゆっくり見れますよ〜(o^∇^o)

 

そして、女子に朗報。
今まで回った国々の中で、生理用品が最安値でした。
ソフィの普通用10枚で500チャット(50円)、日本の安売りと同じくらい?

IMG_8111 IMG_8117 IMG_8114 IMG_8115

 

 

そこからはピンウーリン名物、馬車での移動です。
こういう観光客向けの乗り物は高いので避けてましたが、ここは安いです。
10分くらい走って、2,000チャット(200円)

 

実はこれでもボラれているんだけど...
ミャンマー人が優しくて好きすぎて、値切れないのが今の悩みです(´∀`;)

IMG_8124

↑ 運転手のおじちゃんのカメラワーク、面白い

 

IMG_8127

↑ こちら、その可愛いおじちゃんです

 

 

向かった先はヒロミカフェという日本人経営のカフェ。
絶品コーヒーとケーキが、すごく心地いい空間で楽しめます!
ここ、お宿もあるのですが、今の私には高くて泊まれず...
でもオーナーさんや夫婦旅人さんと話してみてすごくいい印象を受けたので、今度また来たいです(*’-‘*)

IMG_8128

↑ これで全てで120円という激安さ

 

IMG_8129

↑ 夫婦旅人さんからいただいたお裾分け、こういうのが旅の醍醐味♡

 

 

ついでにこの町には、仏塔・教会・モスクが存在します。
でも、一番面白いのはダントツで仏塔です。
ミャンマーのキャラクターデザインセンスは、やっぱり抜群。

IMG_8097IMG_8133

 

 

そんなこんなで夕方になったので、宿に戻りました。
もうちょっと居てもいいな、ピンウーリン。

 

やっぱり田舎が好きなのかもしれない(*’-‘*)

 

 

 

【ミャンマー:ピンウーリン情報 2015/2/6】

天気:晴れ
気温:25℃くらい、涼しい!
服装:タイパン
+α:今日の食べたものシリーズ。昼:カレー&ミャンマー珈琲80円、夕:しぼりたてミルク50円、夜:煮込み豚&春雨100円。上記カフェを入れても総額350円、安さと美味しさが半端ないーー!!

IMG_8090 IMG_8140 IMG_8143

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です