意外に大都市⁉︎ホーチミン市内観光

朝遅く起きて、地元の屋台でブランチ。
フォー…ではなく、なんなんだろこれ?
米麺に、豚足やガンモドキ、山菜にバジル。
とにかく、めっちゃ美味しい!!!

IMG_6935

↑ しかも1杯30,000ドン(165円)

 

 

 

***************************************************

 

 

 

さて、今日はホーチミン市内観光
姉が持ってきたマップル片手に、適当に歩き回りました。

 

・・・といっても、ホーチミンはあんまり見るところがないので、有名どころだけ見て、後はお土産探しを(´∀`)♪♪

 

 

まずはベンタイン市場
ローカル感溢れる…というよりは、観光客向けの市場なので、お土産がたくさん!
青果・精肉コーナーは流石に地元感ありましたが、中南米や東欧、北アフリカに比べ、ベトナムの市場は割と綺麗だなぁと思いました。
そして、いつまでもダラダラ営業せず、早く(18時くらい)閉店しちゃいます。

IMG_6938

↑ 観光用に整ってる感があります

 

 

そしてお次は、統一会堂
英語でIndependence Palaceなので、独立記念会館みたいなものかと思っていたら、道のオジさんには宮殿だと言われました。
・・・結局、よくわからぬ(´-ェ-`)

IMG_6954

↑ でも楽しそうでしょ?

 

IMG_6942

↑ そのまま目の前の街路樹を抜けます

 

 

次はやっと観光名所っぽいところ、中央郵便局
カラフルな外観が目立ち、中にはたくさんのお土産屋さんがありますが、ちゃんとした郵便局です。
手紙を投函することはもちろん、手紙を書くスペースもあったりして、涼しくていい空間でした。

IMG_6943

↑ 外観、派手!

 

IMG_6944

↑ 正面の肖像画は…ホーチミンさん⁉︎

 

IMG_6945

↑ 充実のお土産コーナーも

 

 

そのほかにも、サイゴン川を見たり、日本のゼネコンが地下鉄建設に携わっているのを見たり、道路にはびこるバイクと戦ったりしました。

IMG_6959 IMG_6963 IMG_6941

 

 

が、なんといってもやっぱりお土産探しが楽しいもの♡
有名なベトナム刺繍を始め、螺鈿細工の小物や紙のお人形など、繊細な雑貨が安くたくさんありました。

市場で買うのもいいけれど、交渉が面倒or苦手な人は、きちんと定価を表示している王道お土産屋さん街:ドンコイ通りでの買い物が簡単です。
2015年現在、よく見る30cm角の刺繍袋は1枚30,000ドン(165円)でした。

IMG_6948

↑ よく見る刺繍袋

 

IMG_6946

↑ 紙細工かわいい

 

IMG_6947

↑ 螺鈿細工もメジャーみたい

 

IMG_6971

↑ バラマキ土産はスーパーで!

 

 

疲れたのでその辺にあるカフェで一休み♡
ホーチミンにはスタバが至る所にあるし、お洒落リッチな感じからローカルな感じまで色んな種類のカフェがあるので、休憩場所には困りません!
ある程度の値段の所に行けば無料サクサクWi-Fiもあったりするので、とっても便利です(*’ェ`*)

IMG_6955

↑ ベトナム全土にあるHighlands Coffeeでベトナムコーヒーにトライ♡

 

 

さらーに。
夜ごはん:本日2度目の米麺の後、ベトナム風あんみつこと、チェーというスイーツも挑戦(*’ェ`*)♡
ドライ龍眼(ロンガン)やナツメなどのフルーツ入りを頼んだのですが…食べてみたらビックリ。
甘い蜜の中に細切り昆布レンコンが入ってました…さすがにこれは微妙(´-ェ-`)

 

ま、でも、謎なものを食べるのは旅の醍醐味です(´∀`)

IMG_6964

↑ 夜ごはん52,000ドン(290円)

 

IMG_6972

↑ チェーの人気店で18,000ドン(100円)

 

IMG_6974

↑ うーむ、絶妙に微妙だ!!

 

 

・・・食べ過ぎ??
でもアジア、1日こんなに食べ過ぎても1人1000円かからないので食べちゃうよね〜♡♡

 

 

 

【ベトナム:ホーチミン】

天気:晴れ
気温:日中30℃
服装:ワンピース+パーカー
+α:最近、中国人や韓国人と触れ合う機会があったので「反日」とか「嫌韓」とかそういうワードに敏感です。彼らが日本人のことをどう思っているのか知りたくて、聞いてみたりググってみたり。実際に聞くと大方いい意見を言ってくれるけれど、「ビジネスにおいて(SONYやHONDAなど)日本は過去の栄光を引きずりすぎている」「礼儀正しい日本人というのは少し前のこと」という意見を見て、日本人の若者である自分も何か頑張らなくてはと思ってみたりもする。世界から見た日本について、今度改めて書こうと思います。もぞもぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です