フンデルトヴァッサーハウスとか

事件満載のオーストリア:ウィーンは1日のみ。
今日は次なる地、ハンガリー:ブタペストに南下します!

 

 

・・・とそのまえに。
建築学科でしたからね、噂の建築物、フンデルトヴァッサーハウスを見学してきました。
オーストリアの代表的な画家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーによる緑化プロジェクトの一環として建てられた市営住宅で、リズミカルな曲線美やカラフルな色調が特長です。

 

バスの時間も迫っていたし、荷物全部を持って移動していたので、実質の見学時間は10分ほど
でも、スペインの建築家アントニオ・ガウディの建築群のように、個性的かつ魅力的で圧巻でした!

 

最寄りの駅からは数十分歩くので、トラムを乗り継ぐのもアリかな。
街外れのウィーンの人は優しいので、乗り継ぎがある公共機関に乗って迷っていると声をかけてくれました。
おばちゃん2人とおじちゃん1人に助けられ、無事にバス停へ!

IMG_6294 IMG_6298 IMG_6300 IMG_6301 IMG_6304 IMG_6305

 

 

11時半、ウィーンのstadion駅から出発するバスに乗車。
Eurolines社など幾つかバスは通っているようですが、値段が安かったのとネット予約が簡単だった(予約書のプリントアウト不要!)ので、Orange Ways社を使ってみました。
ちょっとわかりにくいですが、駅前にある大きなショッピングモールの裏側がバス停です。

 

ハンガリーの通貨フォリントHUFか、ユーロでのお支払い。
移動時間3時間、4900HUF(2352円)。
乗車人数も少なく、3時間ぐらいの移動であれば超快適です!

IMG_6311

 

 

このあと久々にブタペストの有名日本人宿:アンダンテに宿泊したのですが...
ここでの異常に楽しい生活はまた明日以降〜(*^・ェ・)ノ~♪

 

 

 

【オーストリア:ウィーン情報 2014/12/15】

天気:くもり
気温:5℃くらい
服装:ダウンが1枚になった!
+α:アンダンテ生活があまりにもグダグダだったため、しばらく日記短めです。笑

6件のコメント

  1. 待ってました!フンデルトバッサー!!
    このタイル、このデザイン、ワクワク♪色彩の豊かさとそれをうまくまとめる感性、さらにリズムのとりかた、ため息でちゃう〜。かぼちゃん、見せてくれてありがとう!

    1. えっ!!(゚ロ゚)
      そんなに有名な建築物だったんですかコレっ‼︎?
      曇り空なので美しい色彩が撮影できていませんが、ユニークな感性と表現力を持った建築物で確かにため息ものでした(´υ`)特にタイル使いが大胆!

  2. おぉ。miyanoさんが推してた建物ですね!!
    確かに、面白い!!カラフル具合も好みです( *´艸`)

    1. えっ!!(゚ロ゚)
      やっぱり話題になるような建物だったんですかっ‼︎?
      よく考えつくなぁ〜と思うような、一風変わった建築物でした。
      でも私はやっぱりガウディの方が好きかなぁ笑

  3. そう、これこれ(^^)トイレもおもしろいの。
    日本にも来て建築してるよ。

    1. 大阪にあるって聞きました!
      トイレ・・・入らなかったのが悔やまれます...くぅっ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です