いざ憧れのシンデレラ城へ♡

オンナノコが好きなものって、なんでしょう。

 

ふわふわの巻き髪
桃色のチーク
キラキラのアクセサリー
パステルカラーのルームウェア
ハイブランドの靴
これらをプレゼントしてくれるイケメン
とりあえずアボカド
アボカド好き♡って言ってる自分
巷で流行りのスイーツ全般
およびそれらのSNS投稿...

 

 

 

あ、最後の方グレてますね( ̄▽ ̄)笑
うっかりね。まぁなんでも良いんです。

なんでも良いのですが…
誰しもが小さい頃に一度は好きになったであろう人物、シンデレラ♡

そのシンデレラに出てくるお城のモデルになった場所:ノイシュヴァンシュタイン城に行ってきました!!

 

 

***************************************************

 

 

まずは行き方情報から。
ひとまず、ノイシュヴァンシュタイン城観光の拠点となる町:フッセンに向かいます。

 

ミュンヘンフッセンはRE(地域急行列車)で2時間往復40ユーロ
DBのサイトやアプリでチケット予約をし、購入することができます。
どちらの駅も始発駅&終点駅なので迷うことはないはず。ハイシーズン時は列車に座れないかもですが、12月の朝&夕方は余裕でした。

IMG_6141

↑ 朝7:53ミュンヘン発、朝日が昇るころ

 

IMG_6142

↑ アルプス山脈が見えてきた!

 

 

フッセンからは駅の隣のバスターミナル2番から出ている78番73番のバスに乗車、ホーエンシュヴァンガウのチケットセンターを目指します。乗車時間は直行便で10分往復4.20ユーロ。
時間と季節によってはものすごく混むと思われるので、お城のチケットはネット予約しても良いかもですね!

IMG_6163

↑ 10時半頃は人がいなかったのに、12時過ぎるとこんな感じ(12月)

 

IMG_6146

↑ ここからはホーエンシュヴァンガウ城が見えます

 

 

ホーエンシュヴァンガウからノイシュヴァンシュタイン城までは、シャトルバスか馬車か徒歩40分。
私たちはシャトルバスが運休だったので強制徒歩。一本道を登ると着きます!

IMG_6147

↑ 坂道だけど体あったまるし楽しい

 

 

色々書きましたが、とりあえずフッセンに行けば観光客がたくさんいるので迷いません(´∀`)
地元の人たちも観光客慣れしてて優しいです。

 

ちなみにミュンヘンから日帰り観光が可能ですが、このフッセンという町、アルプス山脈に囲まれた風情のあるとっても素敵な場所。時間がある方は1泊することをお勧めします。
無理ならお城とは別に2時間くらいあったら、町の観光もできて楽しいと思います!(下記参照)

 

 

***************************************************

 

 

そんなわけで着きました、ノイシュヴァンシュタイン城♡
夢の城と言われるだけあって、外観もメルヘンです。

 

 

雪がチラついていたので寒かったのですが、整理券に書かれた時間が来るまで待機。このお城の観光はガイド付き&入場時間指定ありなので、ちょっと特殊です。

IMG_6155

↑ 番号が表示されるのを待ちます(私たちは10:20に購入、11:20に入場)

 

IMG_6156

↑ アーチの下が待つ場所

 

IMG_6158

↑ 時間が来たらゲートをくぐるよ!

 

 

・・・さて肝心のお城の内部ですが。
写真撮影が禁止されているので、写真は一枚も撮っていません!つまり…

 

自分の目で確かめに行ってね(*’ェ`*)♡

 

ってヤツですね。
お伝えできないのは残念ですが、往復5時間かけて見に行く価値は十分にあったと思います。

 

 

というのも、このお城。
19世紀に建てられたのに、内部はまるで中世のよう!
お城の持ち主であるルートヴィヒ2世が中世のお城に憧れ、建築様式や装飾を模倣したそうです。
しかも19世紀の技術を駆使しているので、照明器具や調度品などのレベルは高め。お城の中に人工洞窟があったのには驚きました。

 

王さまの考えることって訳わからないスゴイのね(´∀`)

 

 

 

・・・実質お城にいたのは1時間弱。
再び40分かけて坂道を下り、すぐにバスに乗ったので、フッセンには14時前に着きました。

フッセンはドイツ南端にあるアルプスに囲まれた町なので、見渡す景色が素敵です。
また、行き交う人もそんなに多くなく、静かな雰囲気
・・・つまり、のんびり散歩するには絶好の場所です♡

バイエルン郷土料理だけでなく、地元のパン屋さんを覗いたり。
独特の「だまし絵の窓」が書かれた建物を見ながらプラプラしたり。
この地一番のホテルの地下にあるスーパーでお土産を物色したり。(街中より安い!)

IMG_6165 IMG_6168 IMG_6167 IMG_6174

 

1泊くらい、のんび〜り滞在しても良かったかもしれないなぁ〜
またいつかのお楽しみだなぁ〜(´υ`)

 

 

 

【ドイツ:フッセン情報 2014/12/11】

天気:くもりはれゆき
気温:1℃くらい(体感温度-6℃だったらしい)
服装:ダブルダウンとか
+α:ドイツのマツキヨ的存在「dm」というドラッグストアで売っているピーリングマスクにハマり中。ドイツに来たら、BIOのものもいいけど、女子が好きなチープでハイクオリティな美容品もおすすめです。脱皮したぜ、ふふふふ

IMG_6211

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です