世界の不思議な果物たち

今日も不思議な果物を食べたので、今までを振り返りながらちょっと紹介してみます。
・・・ブログに書くネタがないからではないんですよ、うんうん。

IMG_5785

↑ やっと”小便小僧”見に行ったもんねー!

 

IMG_5782

↑ なんか着ぐるみかぶってたけど。かわいい

 

IMG_5783

↑ ちなみに、色々とリアルな”小便少女”もいるのでググってみてね

 

IMG_5794

↑ クリスマスマーケットにも行ったし!

 

IMG_5801

↑ 美味しい自炊ごはんと共にベルギービールも飲んだし♡

 

 

***************************************************

 

 

さて、本日の本題。
「世界の不思議な果物たち」について!
今まで何カ国か旅をしてきましたが、日本ではお目にかかれないような珍しい色・形・味をした果物や野菜にたくさん出会いました。
その中でも印象的なものを紹介してみたいと思います(´∀`)

 

 

● チェリモヤ(シュガーアップル)

ベルギーの日曜市で見つけましたが、もとはペルー原産の果物。
マンゴー・マンゴスチンと並んで世界三大美果の1つと言われています。
味はヨーグルト風味のチーズケーキ、ちょっと酸味があって、まろやか〜♡
食感はモッタリとした洋梨みたいな感じ。おいしい♡

食べ方は、スプーンでえぐって種をペっと出したり、デザートに加工したり。
半分食べるとお腹いっぱいになりますヨ。

IMG_5776 IMG_5778

 

◆ マメイ

メキシコのスーパー、ペルーの路上販売で見つけましたが、もとはキューバ原産の果物。
中身はオレンジ色で、アボカドのような食感と重さです。
味は、干し柿という人もいれば、干し芋という人もいれば...人それぞれ(´∀`;)
不思議な味で美味しいけど、丸々1つ食べるのはお腹にたまりすぎるので大変。

マメイもスプーンでえぐったり、デザートに加工したりして食べます。
中米ではマメイ味アイスをよく見かけたなぁ。
種は大きくて洗うとツルツル茶色くなるものがどーんと1つ、真ん中に入ってます。

IMG_8857 IMG_8858 IMG_3908

 

◆ タマリンド

見た目は茶色くて大きなサヤエンドウ、中身は種とその周りにたくさん付いている果実。
味は酸っぱいような、あまいような。
日本でも食べられるみたいです。

メキシコでは種ごとまるっと丸めて、砂糖をまぶして食べてました。
ジャムやアイスに加工しても食べられるみたいです。

IMG_8911 IMG_8900

 

◆ ランブータン

熱帯地方ならどこでも穫れるのかな、中米やアジアの国でよく見ます。
赤いトゲトゲの見た目、ライチのような白い中身。
爪を立てて中身を割り出して食べます。
甘酸っぱくて本当に美味しく、中南米ではとっても安く買える(12個で80円とか)ので、リピ買いしてましたヾ(*´エ`*)ノ

(水曜どうでしょうの「尻からランブータン」の回を見てみたいです。)

IMG_0854

 

◆ チョンプー(ローズアップル)

ピーマンに似た形ですが、水っぽくてサクサクした、甘い果物。
旬のものでないと青臭い感じがします。
口に当たる種がないので、良ーく洗って丸かじり!
グアテマラでは「アセロラだ」と言われて買いましたが、まぎれもなくローズアップルでした。

IMG_2426

 

◆ ラモン

マヤの人たちのパワーフードと言われているナッツ。
グアテマラのティカル遺跡付近にたくさん落っこちてました。
栄養価に富んだ食べ物のようで、色々な農作物が不作のときに食べていたんだとか。
特に独特なニオイや味がするわけでもないので、パウダーにしたものをコーヒーに入れて飲んだり、そのまま飲んだり、クッキーやパンに混ぜ込んだりして食べます。

IMG_2342

 

◆ パカヤ

とっても苦い山菜。
竹のような皮を剥くと、茶筅のような白い筆状の可食部分が現れます。
20分くらい塩ゆでして、ブロッコリーのように食べると教えてもらいましたが、そのままだと本当に苦い!
マヨネーズとかであえたほうが美味しいかな〜と思います。

IMG_2187

 

◆ フィキディンディア(インドイチジク)

イタリアで発見したのFichi D’indiaという食べ物。
ウチワサボテン類に属しており、赤くなった実の部分を食べます。
主にシチリア半島でしか食べられていないとのことですが、ヨーロッパのマーケットではよく見かけます。

食べ方にはコツが必要!
外側はトゲトゲ、中は噛むに噛めない種がたくさん入っているので、上手に棘を取ってから厚めに皮を剥き、中身の種は丸ごと飲み込んで食べる感じです。
味は...うーん、南国フルーツっぽい感じ?
スッキリした味わいです(´∀`)

IMG_4391

 

◆ 龍眼(リュウガン/ロンガン?)

食べたことはないのですが、よく見かけるので!
はじめはオーストラリアの中華マーケットで見つけましたが、世界中どこにでもある印象。
日本でも食べられるのかなー?
どんな味なのか興味をそそられている果物の一つです。

IMG_6832

 

◆ (名前がわからない!!)

エクアドルで食べたオレンジ色の果物。
パッションフルーツかなぁと思って訊いてみたら、パッションフルーツっぽいものとのこと。
厚い皮をむいて、カエルのタマゴみたいなプチプチした果実部分を食べます。

なんて言う名前なんでしょう?

IMG_3997 IMG_3998

 

***************************************************

 

 

(果物と書きながら違う野菜やナッツも入ってますが)世界には不思議で魅力的な果物がたくさん!!
色々なものにチャレンジしたくなります♪

みかんやりんごなど日本で売っているものも味や大きさが違ったり、値段もグッと安かったりするので、今後も色々とトライしてみたいですね(o’∀’o)

 

ぜひオススメの果物も教えてくださーい!

 

 

 

【ベルギー:ブリュッセル情報 2014/12/1】

天気:くもり
気温:1℃、エグい寒さ
服装:ダウン2枚以上
+α:気づけば早いもので、もう12月なんですね。今年もあと1ヵ月、楽しんでいきましょう♪

2件のコメント

  1. 初めまして。ペルーで食べられるフルーツを検索していてたどり着きました。
    チリモヤ、マメイ、タマリンド、フィキディンディア(ペルーではトゥナと呼ばれています)、最後の名前が不明と書かれていた果物は、ペルーではグラナディーヤと呼ばれています。

    1. meiさん
      はじめまして、返信遅くなり大変失礼いたしました>< あの果物はグラナディーヤというんですね!ありがとうございます☺︎ 不思議な果物だなぁと首を傾げながらプチプチ食べ続けていました笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です