【情報】バックパッカー的マチュピチュの行き方

トルコのカッパドキア。
カンボジアのアンコールワット。
ドイツのメルヘン街道。
フランスのモンサンミッシェル。
フィンランドのサンタクロース村。



 

日本人が好きな観光地としてあげられる場所は世界中にたくさんありますよね。
その中でも最近アツい!と言われているのは...

ボリビアのウユニ塩湖
ペルーのマチュピチュ

この2大観光地、南米だからちょっと遠くて行きにくいですが、特に大学生が春休みの2月は日本人でいっぱいになるそうです。
確かに誰だって、未知の国で魅惑の遺産や風景を堪能したいですもんね(o’∀’o)

 

あんまり遺跡とか歴史的建造物とか興味のないわたしですが、ミーハー心がくすぶり、この2週間で2大観光地を巡ってみました。
結果から言うと、ウユニ塩湖もマチュピチュも行った甲斐あり!!
行けるならみんなも見た方が良いと思う!

 

でも、日本からツアーを申し込んでいくと50万円近くになってしまい、手が届きにくいのが現実...
若者をはじめ、貧乏バックパッカーには辛いところ...
うむー(´-ェ-`)

 

 

というわけで、今回は!
バックパッカー的マチュピチュの行き方について、ちょっと詳しく書いてみます。
裕福な人向きではなく、あくまで貧乏旅行者向き
参考になれば嬉しいですーヾ(*´エ`*)ノ

※ウユニ塩湖についてはただ現地ツアーに入っただけなので省略。
こちらの記事を参考にしてください〜♪

 

 

 

***************************************************

 

 

THEME1:マチュピチュってどこ?

南米ペルー(Peru)です。
一番近くの大きな街は、ペルーの南側にあるクスコ(Cusco)。 ←良い街!
時間がない人はクスコの空港を利用することになると思います。

マチュピチュ略図2

↑ ペルーのこの辺(ピンの位置がクスコ)

 

 

クスコからマチュピチュ(Machupicchu)までは近いのか、と言われると、そう近くはないです。
途中、ポロイ(Poloy)オリャンタイタンボ(Ollantaytambo)と呼ばれるそれなりに大きい町を通過し、イドロ(Hidro)から線路を歩いたりして、アグアカリエンテ(Agua Calliente)と呼ばれる通称マチュピチュ村という場所に起点を置くことになると思います。
(私はオリャンタイタンポを経由して行ったので、ポロイのことはわかりません〜)

アグアカリエンテからマチュピチュ遺跡まではバスで25分です!

マチュピチュ略図

↑ 略図。

 

 

 

THEME2:費用ってどのくらい?

マチュピチュ遺跡を見るためには、結構費用がかかります。
私の場合、現地ツアーに入ったり電車に乗ったりちょっと楽をしたので、クスコから1泊2日でトータル2万円強。(1ソル=37円)
でも、どんな場合でも1万円じゃ辛い気がします。
以下、費用について詳細を書いてみます!

 

 

(1)マチュピチュ入場券(チケット購入について)

これは遺跡をみたいなら絶対にかかる費用ですね。
マチュピチュ遺跡だけなら、126ソル、もしくは、61米ドルでのお支払いです。
そのほかにも、マチュピチュ山に登りたければ67米ドル(140ソル)、博物館に行きたければ71米ドル、ワイナピチュに行きたければもうちょっとお支払いする感じだと思います。
(ワイナピチュについてはグーグル先生に聞いてみてください!)

国際学生証(普通の学生証はNG)を持っていれば約半額になるので、学生さんは取った方が得かも!?
ちなみに、南米や中南米では虚偽の国際学生証を即日発行できたりします。笑

 

チケットは事前にネットで購入可能。
むしろ、日程が決まっているのなら事前購入をお勧めします!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

チケットセンターHP(日本語不可)

http://ticketmachupicchu.com

※チケットを支払い後、24時間以内に返信メールでバウチャーが送られてくることになっています。
が、返信メールが届くのに1日以上かかる場合がある(私は2日かかった)ので、余裕をもって予約した方が良いかも。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

マチュピチュは世界遺産なので1日に入れる人数が決まっており、結構厳密に人数管理されています。
特に、インカ道を歩く場合は数ヶ月前から予約でいっぱいになるとか...

ネットで予約した人はチケットを印刷する必要があるので、お忘れなく♪
※アグアカリエンテにはネットカフェがあり、3ソル程度払えばPCとプリンターが使えるので、印刷は最悪当日でもOK

 

でも。
えええーーー予約とか聞いてないし!!(゚ロ゚)
って人もいると思うので、ちょっと参考までに。

私が行った時期は10月半ば、タイミングが良かったのかもしれませんが...
アグアカリエンテのチケット売り場では前日でも(どうしてもなら当日でも)購入が可能っぽいです。
チケットセンターは朝早く(たぶん5時くらい)から夜20:45まで空いています。
パスポートとを持って行けば、もしかしたら買えるかもしれません!
諦めないでーーー!!!

 

 

(2)交通費:クスコ⇔アグアカリエンテ

一般的にですが、アグアカリエンテまでの最安値は以下の通り。
地球の歩き方にはもっと安く書いてありますが、現地の人に聞いてみたらこんな感じでした。
※コレクティーボは各地でキャッチできるので、予約しなくても大丈夫!

・クスコ→オリャンタイタンボ(コレクティーボ)1.5時間:25〜30ソル
・オリャンタイタンポ→イドロ(コレクティーボ)4.5時間:50〜100ソル
・イドロ→アグアカリエンテ(電車)1時間:26米ドル

 

うーーん、これだけで5400円くらいしますね。。
しかもコレは全部「片道料金」です。高いなー。
ちなみに、クスコからPeruRailという列車を使うと、時間によっては片道1万円を軽く超えます((´・ェ・`))

IMG_3465

 

そこで交通費を下げる裏技を2つ紹介!!

 

①ツアーに入る

実は私もバスターミナルで客引きしていたミッチェルに乗せられて、ツアーに入ってました。
クスコ⇔イドロ往復交通費、アグアカリエンテでの宿泊代、ごはん3食、マチュピチュ英語ツアー込みで、85米ドル
いちいちスペイン語でバスのチケットや宿泊予約を取ったりする手間を考えても、いい感じの値段です。

クスコの町にはツアー会社がたくさんあるので、時間がある人は回って探すのが良いと思います!
絶対もっと安くなるからね!!

 

②線路を歩く

バックパッカーに人気のルートです。徒歩はお金がかからないからね!!
上記、イドロ⇔アグアカリエンテを約3時間かけて、線路に沿って歩きます。
平坦な道のトレッキングなのに、正直しんどいです。笑

でも、景色はいいし、空気は美味しいし、映画スタンドバイミーみたいな気分が味わえて、なんか楽しい♪
マチュピチュ遺跡がこんなに奥地なのか〜と実感するためにも、歩くことをおススメします。
(といいつつ、私は復路を電車にしました。電車もなかなか良かった!)

※虫がたくさんいるので、虫除けの薬必須です!(忘れたらオリャンタイタンボで買ってね)

IMG_3510 IMG_3519

 

 

(3)交通費:アグアカリエンテ⇔マチュピチュ遺跡

お金をかけたくない人は1時間トレッキングで向かうことも可能です。
が、アグアカリエンテの川沿いにあるバスターミナルで片道19ドル(10ドルかも)のチケットを買えば、25分間バスに揺られるだけでマチュピチュ遺跡前に着きます!
楽チン!!

チケットは当日購入可能ですが、前日までに取っておいた方が楽かもです。
朝5時なのに、バス乗車のためにものすごい列が出来ているのでね!!!
バスは何分かおきに出ているし、枚数制限もないのでチケットが買えないことはなさそうです。

IMG_3547 IMG_3536

 

 

(4)宿泊費

オリャンタイタンボにも、アグアカリエンテにも、ピンからキリまで宿泊施設があります
正確な値段はわかりませんが、ホステルだったら30〜50ソル、ホテルだったらもっと高め。
でも、アグアカリエンテの宿泊施設はホステルでも100ソル(3700円)以上という噂も聞いたので、案外これも高くつきそうです。
そう考えると、やっぱりツアーがお得?

 

 

(5)食事代

ペルーの物価は日本に比べて低いです。
オリャンタイタンボは街というか町なので、物価は低そう。
アグアカリエンテは観光地なので高め、といっても、1食15ソル(550円)くらいで食べれます。
ここはそんなにお金がかからなそうですね!

 

 

 

THEME3:まちの様子ってどんな感じ?

私が通ったまちについてのみですが、ちょっとご紹介。

 

①クスコ

大きめな観光地です。市場もあるし、民芸品店も充実。
カフェもホテルもホステルも、なんでも揃ってます。
日本で言う、岐阜の高山みたいな?
比較的安全と言われているとおり、人も街も雰囲気がいいです!
10月は長袖必須。

IMG_3732

 

②オリャンタイタンボ

小さめな観光地です。
クスコ同様、観光客に必要な施設は揃ってます。
ホステルも予約せずに行っても大丈夫そうなくらい、たくさん!
ここで1日過ごすのもありかもです。
10月は暑い!!

IMG_3463

 

③サンタクルース

オリャンタイタンボからイドロに向かう山道の途中にある村。
飲食店や商店はたくさん、宿泊施設はあるか不明です。たぶんあるけど。
ツアーだと1日目の昼食はここで食べるはず!
果物はちょっと高いけどアグアカリエンテの方が新鮮です!!
10月は暑い!

IMG_3496

 

④イドロ

えーっと、町でも村でもありません。
山奥にいきなり現れる、駅です。
上記「線路に沿って歩く」場合の出発or到着地ですね〜
食べ物や飲み物は買えそうですが、宿泊は野宿になるのであしからず。

IMG_3529

 

⑤アグアカリエンテ

こんな山奥にこんな場所があるのかと疑いたくなるくらい、立派な観光地です。
学校もあるし、駅もあるし、ネットカフェや飲食店、商店や宿泊施設はもちろんたくさんあります。
民芸品市場もあるし、10分ほど歩けば温泉もあるようです。←だからアグアカリエンテっていう名前
ちょっと物価は高いけど、この町に1~2泊するのもありかもですね。
眠らなさそうな町なので、たぶん楽しいはず!!

IMG_3698

 

 

 

THEME4:マチュピチュってどんな感じ?

行ってみてからのお楽しみ〜ヾ(*´∀`)ノ
明日また書きます〜ヾ(*´∀`)ノ♪

 

 

 

総括:バックパッカー的マチュピチュの行き方

・安く行きたいなら、ツアーに申し込むべし!
・マチュピチュ遺跡チケットはなるべく早めに購入すべし!
・山道バス4.5時間や線路徒歩3時間が辛いなら、お金を出して電車に乗るべし!

 

 

お金ないし、興味ないし、正直ちょっと行くのが嫌だった感はありましたが。笑
マチュピチュには行くべし!!!

 

 

 

【ペルー:アグアカリエンテ情報 2014/10/15】

天気;晴れ
気温:25℃くらい、道中の山道は激さむだった
服装;ダウンを着たり、半袖になったり、いろいろ
+α:クスコから1泊2日で行けますが、全部で3日あったら電車の時刻表やバスの時間云々を気にしないで旅出来るかも。

2 Comments

  1. 平口 大賀 返信

    こんいちは!
    ブログを拝見して、お聞きしたいことがあります!
    私は大学の卒業旅行で、マチュピチュとウユニ塩湖に出来るだけ安く行きたいと考えています。
    友人と行くのですが、旅費の高さからその友人には反対されています。
    4月からはみんな社会人になり、時間を割いて旅ができるのは今しかありません。
    そこで友人を説得するため、実際に旅行された方のご意見を伺いたいのですが、3月に行くとしておよそいくらくらい必要ですか?
    男だけで行くので最低限の旅ができれば問題ないです!

    稚拙な質問で申し訳ありませんが、ご返事頂ければ嬉しいです。

    平口

    • Miku 返信

      平口さん、コメントどうもありがとうございます!
      大学の卒業旅行なら、なるべく遠くの絶景を見に行くことをお勧めしますよ〜というわけで、ウユニ&マチュピチュは正解です!(とはいえ、この時期のこの場所は日本人だらけらしいので、日本人と会いたくなかったら違うお勧め地お伝えします笑) 
      で、色々とまとめたところ、4年前の私の旅はこんな感じでした↓↓
       
       
      【日程】
      2014/10/5-17(13日間)
       
      【場所 ()内は宿泊日数、1回バス泊あったかも】
      チリ・サンチアゴ(1) → チリ・アタカマ(1) → ボリビア・ウユニ(3)
      → ボリビア・ラパス(2) → ボリビア・コパカバーナ(1)
      → ペルー・クスコ(1) → ペルー・アグアカリエンテ(1) → ペルー・クスコ(1)
       
      【お金】
      食事+宿+移動+観光=85,000円くらい
      ※航空券は別途必要(東京→サンチアゴ&クスコ→東京で、3/13-27で検索したら、15万円。安いですね)
      →トータル:25万円くらい
       
      ただし、4年前と物価は違い、マチュピチュ入場料も半額になり、メンズだから宿の選び方も変わる=ある程度安くなると思うので、参考価格だと思ってくださいね!
       
      鏡張りの絶景を見るもよし、出会った人々と文化交流するもよし、インカ帝国の歴史に想いをはせるのもよし。旅は時間が許すタイミングで、できるだけたくさんの場所に行くことをお勧めします!
      お友だちと、人生最高の旅ができますように!(ひとり旅もいいですよ♡)

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>