再・ニャンドゥティについて

パラグアイってなんにもない国って言われすぎてますが...
世界で唯一、国旗のデザインが裏表で違う国
ってこと、知ってました?
その時々によって、表と裏を使い分けるんだとか。
世界遺産もないし、特別な特徴もないし、なんてとんでもないですね〜(o’∀’o)

IMG_2800

 

**********************************************

 

さて、今朝ホームステイ先からアスンシオンに帰ってきました。
4日だけだったけど、美味しいごはんをはじめ、絶妙な温度感でコミュニケーションをとってくれた家族に大感謝です。
なんていうかねー、たまに怖いんですね。笑
でもその分、お客さんではなくて、本当の娘みたいに扱ってくれたので嬉しかったです。
ありがとう、グラシアス!!

IMG_2767

↑ ママに写真撮ろーっていったらちゅーしてくれた♡

 

 

家を出たその足で、イタグアにあるニャンドゥティ博物館へ。
イグレシア(=教会)の隣にある博物館で、入場は無料。
日・祝日はやってないみたいですが、月〜土曜日は9時か10時頃からやってます。
12〜14時はシエスタなのでお休みかも?
中途半端な情報でスミマセン(´∀`;)

IMG_2799

 

 

イタグアはさすがニャンドゥティの街なだけあって、こじんまりした博物館ながら情報満載。
作り方がイチから展示されてました。

IMG_2770

↑ こんな感じ、ニャンドゥティ展示は1部屋のみだけどすごい!

 

 

ニャンドゥティは蜘蛛の巣状の細かなレース編みなのですが、編み模様それぞれに意味があるんだとか!
たとえば...

IMG_2796

↑ これはたぶんお人形模様

 

IMG_2798

↑ こっちは棟

 

IMG_2797

↑ うーん...ヒツジちゃんの群れとか?

 

IMG_2795

↑ とにかくたくさん!(右下のは出っ張ったお腹模様?笑)

 

 

とにかくたっくさんの意味があるみたい。
奥深いですね〜(‘∀`)
細かければ細かい程素晴らしく、目の間隔や色合いでも美しさが左右するんだとか。
うむ〜。

 

やはり民芸品は奥深いし、どれもこれも繊細です。
で、今まで行った国の好きな民芸品は、どれもこれもで出来ていました。
・・・糸屋さんがやりたくなってきたな〜なんて思ってたりする今日この頃。ふふ

 

 

 

【パラグアイ:アスンシオン情報 2014/10/1】

天気:晴れときどき曇り
気温:28℃くらい
服装:ジーンズ+ロンT
+α:ケロイドってどうしたら治るんですかねー、踵のケロイドのせいで靴がキツい(´-ェ-`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です