温泉に行きました2

旅する壁画プロジェクト【ヘキカキカク】
「壁画制作を通して共同作業することで、お互いの文化や生活をより深く知る機会を創造する」というポリシーのもと、美術作家・岡田杏里ちゃんと共にグアテマラで立ち上げたプロジェクトです。

センス溢れる彼女の”壁画”を中心に、たまたま同じ場所にいる”旅人”とたまたま出会った”土地の人たち”をハッピーに繋げるため、私はコーディネーターの役割を担っています。

8月25日〜9月9日、小学校に壁画を描いているので、アンティグアにいらっしゃる方は是非!
旅人でもそうでなくとも、遊びに来てください♪
詳しくはコチラ

グアテマラ2

 

 

****************************************

 

 

食べたいし眠いから、食べるし寝ます。
・・・(*^・ェ・)ノ~♪

 

 

 

さて、グアテマラと言えば”繊維”の国として有名ですが。
火山がたくさんあるので”温泉”に入れる国であることでも有名です!

日本人特有かと思ったけど、世界共通でお湯につかるのは好きみたい(o’∀’o)

 

シェラことケツァルテナンゴでも温泉に行きましたが、ここアンティグア付近にもあるんです!
ただ、情報が異常に少ないんです。

というわけで、情報メインに書きますね〜(o’∀’o)

 

 

アンティグア付近で有名な温泉地は、アグア火山を挟んで南西側にあるアマティトラン湖の近く。
自称世界一美しいアティトラン湖とは一文字違い、注意です!

山の反対側なので行き方が面倒なのですが、聞くところによるとどうやら3種類あるそう。

(1)チキンバス
アンティグア → グアテマラシティ → アマティトラン
地元民も恐れるグアテマラシティで乗り換え、バス停間は徒歩20分。
どちらの区間も1時間弱かかるので、合計2時間程度
値段は不明だけど、3つの中ならダントツ安いはず。

(2)ツアーバス
アンティグア → アマティトラン
旅行代理店のツアーで行く方法、とにかく楽。
山を突っ切るので、移動時間は40分程度
値段は高め、往復で1人30ドル(3000円)〜

(3)タクシー
アンティグア → アマティトラン
適当に走っているタクシーを捕まえて、最短距離で行く方法。
移動時間は40分、往復で1台300ケツ(3960円)〜。交渉次第。
人が多いほど割安で、乗用車でも運転手+5人は乗せてくれる。

 

悩んだのですが、方法(1)は面倒だし怖いし。(2)は高いし。
今回は女子5人だったので方法(3)で行くことに、往復1人60ケツ(´∀`)♪
ちょっと狭かったけど、ベストな選択だったと思います。
ちなみにタクシーはアンティグアのメルカド付近で捕まえて、行き40分・温泉2時間・帰り40分のフルセットでの移動をお願いしました。

 

 

で、着きました、アマティトラン温泉
温泉=Bañoをイメージしていたのですが、なんかリゾート感が漂ってる・・・?
Santa teresita(サンタテレシータ)というスパでした。(他に温泉はないとのこと。)
温泉プールとサウナ付きで1人115ケツ(1520円)、やっぱり値段も高め。
まーでも折角来たし、女子5人で思いっきり楽しみました!

IMG_1216

↑ 入り口、グアテマラらしからぬ、きちんと整備されている感じ

 

IMG_1212

↑ リゾートなプール、温泉なのであったかい!

 

IMG_1209

↑ ジュース飲みながら入ったりね、欧米人っぽい

 

bano1

↑ あれ、ひとりいない

 

bano2

↑ ここはあったかいプール、みんなでポーズ!

 

IMG_1213 IMG_1214

↑ 値段一覧。ご参考まで・・・

 

 

水着必須、シャンプー等はご自由に。
10時過ぎるとおチビちゃんたちが来るので、静かに入りたい人は早めに行ってね!!

 

雰囲気は、東京にあるラクーアみたい。
プールは綺麗だし、サウナも個室だし、日本であればこの値段で行けちゃうんだ!?的な場所なんだけど。
ここはグアテマラなので、地元民は絶対に行かないであろうリゾートです。
地元感漂う、裸で入れる温泉はシェラ付近のロスバニョスが一番かな!

 

 

 

【グアテマラ:アンティグア情報 2014/8/31】

天気:はれ
気温:25℃くらい
服装:ジーンズ+Tシャツ+水着
+α:無防備でしたが、急に水着になることもあるとわかったので、常に体は引き締めておく必要がありそうです。はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です