よく紹介されるカラフルな街・グァナファト

5日遅れの内容で、毎日18時に更新中です!
リアルタイムは”メキシコ:メキシコシティ”にいます(*’ェ`*)

 

 

***************************************************

 

7月1日から4日間、ものつくりびとのANRI OKADAちゃん(通称アンディ)と旅をしました!
カラフル絵画やモザイクタイル作品などを生み出す、同い年のほっこり系アーティストです。
詳細は彼女のオフィシャルサイトで(*´ェ`*)♥

スクリーンショット 2014-07-05 11_Fotor

 

***************************************************

 

 

サン・ミゲル・デ・アジェンデ3日目、今日は次の街グアナファトへ移動します。

12時くらいのバスに乗って1.5時間、Primera plusで110ペソ(880円)
グァナファトのバスターミナルから街中までは観光バス6ペソ(48円)で20分。

 

 

まずは宿探し。
目星を付けていたアロンソという宿へ行き、8人部屋ドミ1泊130ペソ(1040円)を確保。
Wifi良好、ベッド綺麗、目の前がキレイな教会アリの、良い宿です。
前に泊まっていた宿で会った方とも再会して、なんだかハッピー♪

 

 

荷物を置いたらさっそくぶらぶら〜
今日はミイラ博物館と、ピピラ像+夜景を見るため丘の上に行くことにしました。

 

ミイラ博物館の感想、ひたすら怖い
私には想像力というか、感性が乏しいようで、神秘的というよりも怖くって( T_T)
しかもリアルなミイラを見た流れでお化け屋敷コーナーがあって、おどかし方に悪意を感じました
学割で36ペソ(290円)だったかな。

 

IMG_9027 ↑ 街中、トンネルがいっぱいあって、こっちもおとぎ話のような街

 

IMG_9028

↑ チキン美味しそう

 

IMG_9036

↑ ミイラ博物館の外観。怖くて中は撮影できませんでした。

 

IMG_9126

↑ 街中ミイラだらけで落ち込んでる図。笑

 

IMG_9129

↑ 博物館の裏にあったお墓。壁に四角いスペースがあって、たぶんそこに埋葬する感じ。綺麗。

 

 

丘の上には徒歩で行きました。宿から20分くらい?
?Donde esta Pipira?(ドンデ エスタ ピピラ?)と聞けば、ピピラさんまでの道を教えてくれます。
上がるまでの街並の綺麗さにも感嘆ですが、上がってからの景色も最高。
サンミゲルデアジェンデよりもカラフルで、段々になっているので、私はこっちの方が好きかなー。

 

丘の上には良い感じのバーがあったので、ビールで乾杯しながら夜を待ちました。
風が強くてものすっごい寒かったけど、バーのお兄さんたちの陽気さと1人じゃないという心強さに救われて。
夜景を観に丘の上に行く方、防寒着必須です。

IMG_9053

↑ すごいでしょ、カラフルな街

 

IMG_9067

↑ でも街の左右はあんまり色がなかったな、貧富の差?

 

IMG_9068

↑ ピピラさんとアンディ

 

IMG_9052

↑ 丘の上のバー、良い感じの立地だけど極寒

 

IMG_9074

↑ でもビールがあれば嬉しくて嬉しくて

 

IMG_9081

↑ 夕暮れまで待ちましたよ〜、素敵な写真

 

IMG_9106

↑ その辺の男の子を捕まえて写真を撮ってみた図。風強し

 

IMG_9109

↑ 21時ごろ、まだ微妙に明るいけど、綺麗な夜景

 

IMG_9107

↑ 帰り道は危ないのでケーブルカー18ペソ(144円)で。徒歩だと強盗でるらしい。

 

IMG_9118

↑ 上の写真を撮ってるときの図、がんばってます。笑

 

IMG_9112

↑ 夜ごはんは、日本で言うジャガバタのコーンver。15ペソ(120円)。

 

 

グアナファトの夜景、噂通りの絶景。
とっても観たかったので、本当に大満足でした。
明日は移動します。

 

 

 

【メキシコ:グアナファト情報 2014/7/3】

天気:はれ
気温:昼は28℃くらい
服装:七分丈Tシャツ+ジーンズ
+α:なんか調子が悪い日が続いてるくせに、アイス食べました。写真はアンディのアイス♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です