長距離列車の旅(乗車券の買い方ver.)

最近話題のLCCの旅、世界一周航空券の旅……
旅の移動スタイルはさまざまですね〜。

 

私はオーストラリアまで、Skyscannerで調べて、Jetstarで来ました。
(余談:なんか$1=141円換算されて高くついたけど笑)

 

で、広大なオーストラリアの地を巡るには、飛行機が普通らしいです。
エアーズロックにも空港はあるし、けっこうそこら中に空港があるしね。

 

ですが。

□空の旅だけじゃなくて、陸の旅もしたい!!
□広大なオーストラリアを陸路で移動したい!!
□道中こそが旅なんだ!!←私コレ

みたいな人もいるますよね!

 

 

そんな人に超おすすめなのが、rail
【GREAT SOUTHERN RAIL】
の長距離列車!!
オーストラリアを横断・縦断できる列車です。
列車の詳細はサイトで見てね!! 日本語あり!!

 

でも、乗車賃が高いんじゃ……

そうなんです、普通に乗ると高いんです。
しかしそんな時は!
【The Rail Explorer Pass】です!!

 

 

どんなものかというと↓

□オーストラリア国籍以外の人専用
□国を横断・縦断する長距離列車3つに、2or3ヶ月乗り放題!!
□何度でも乗り降りOK!もちろん往復もOK!!

 

値段は日本経由で買う場合、燃油代(1区間$14くらい)は別にして、
2ヶ月パスで$445でした。
現地の駅で買うと、同じパスでA$495です。

日本で買ったほうがお得!税の関係なんだとか。
私は現地に到着後、ATSでWEB購入しました。

私は約1ヶ月で、
シドニー・アデレード・メルボルン・パース・アリススプリングス・ダーウィン
の6都市を回ります。
もし、同じルートを飛行機で移動すると、LCCでも倍以上・・・
時間はかかるけど、値段的には本当にとってもお得なパスなんです!

 

というわけで、以下、ご参考まで〜!!

 

 

 

『購入から列車に乗るまでの流れ』

①Pass本体を購入

→上記参照。
私はATSで買ってます。2ヶ月でA$445!(+燃油代)

 

②購入元からバウチャーが到着

→基本、Webで買うとメールで届きます。即日来ました。
バウチャーはプリントアウトする必要があるため、私はDKで印刷。
受付にUSBを持くと、登録無しで20セント/枚で印刷可!!

 

③乗車券を予約するため、鉄道会社に電話

コレが一番大変。やりとりが英語だから〜∑(゚∇゚|||)
Web予約不可なので、直接電話です。
(公衆電話からだと50セントでいくらでも電話できます!!)

→まず、機械音で「どのような用件か」聞かれます。
アナウンスをよく聞いて、ボタンをプッシュ!!
Bookingは3#だったかな・・・そのあと2#を押した気も・・・

→Booking受付に繋がります。
間違えても、Bookingしたいと言えば、違うとこに繋いでくれるでしょう!!

→The Rail Explorer Passを持っている旨を伝えます。
次に、Confirmation No.を聞かれるので、伝えます。
すると「予約者名はコレであってる?」的なことを確認されます。

→予約したい列車の日時、出発地、到着地を伝えます。
オーストラリアは「日・月・年」の順で言うのでお間違えなく!!

→予約が取れるか確認してくれます。

→予約が出来たら、燃油代の支払い方法を聞かれます。
基本、クレジットカード払い、なのかな。
クレジット番号・有効期限を聞かれるので、伝えます。
私は、セキュリティーコード・氏名は聞かれないです。
※口頭なのでひっそりね!!

→最後の確認をしてくれます。
列車の日時、行き先等を確認すると、更なる予約番号をくれるのでメモ!!
「26」のような、簡単な数字です。

→おわり!!

 

④予約番号を持って、駅のチケットセンターに行く

→「The Rail Explorer Pass」保持者である旨と、
電話予約済みである旨と、予約番号を伝えると、
乗車券をくれます!! A4サイズの紙!!

 

⑤当日、指定の駅まで行き、乗車♡

→車を預ける人は2時間前、荷物を預ける人は1時間前を目安に行くそうです。
私は何も預けないので、30分前。
あんまり早く行っても掃除中で乗車できません〜

指定のアルファベットの車両まで行くと、スタッフの人が立ってます。
そこで名前を告げればOK!!乗せてくれます。

そのあとはちょこちょこ止まりながら乗ってるだけなので〜
降車駅を間違えないようにおりればOKです!

 

いや〜パスをゲットするのはなかなか大変でした!0416_2
新しい情報が少なかったので…
でもその分、本っ当にたのしみです♡♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です